飲む日焼け止め

飲む日焼け止めのメリット・デメリット

飲む日焼け止め

 

飲む日焼け止め商品とは、浴びた紫外線の体内での影響を内服によって抑え込み、伴ってメラニン色素の合成を減らして日焼けを抑止するものとなります。

 

古くからある日焼け止めは皮膚に塗布する形式ですが、飲む日焼け止めの場合には体内からその効果が発揮されます。

 

全身を巡って効果が発揮されるので、塗り残しに伴って効果が発揮されないという事がありません。

 

目の周りといった塗布は難しい場所であっても、その効果を発揮してくれる事となります。

 

また剥がれ落ちるような事が無く、一定の時間は持続的に効果を発揮してくれるものとなります。

 

更に用量が決まっているので、塗り過ぎてしまったりといったムダが無いといった点をメリットとして挙げる事が出来ます。

 

一方、飲む日焼け止めにはデメリットも存在します。

 

まず使い続けた場合のランニングコストについては、塗布式よりは若干高めです。

 

次に紫外線が皮膚に届く事そのものを防止するものでは無いので、日焼けの軽減止まりとなる可能性もあります。

 

そして飲み忘れた場合、塗り残しとは違って全く効果が発揮されない状態になってしまいます。

 

そもそも効果発現の仕方が塗布式と全く違う事もあり、口コミでも賛否両論の意見が存在します。

 

基本的には手軽さを評価する意見が多いですが、内服という事で体質に合わないケースが稀にあるのかそれに関する意見、完全な日焼け防止には繋がらない事に拠る否定的な口コミも存在します。

 

実際に利用する場合、極端な日焼けを生まない状況から試すのが良さそうです。